働き方改革より生き方改革

> >

みなさんこんにちは。

今日は、これからの働き方についてぼくが考えていることを書いてみたいと思います。

働き方という概念が崩壊する日

世間では「1日6時間労働」や「週休3日制」など旧来の働き方から脱却する動きが出てきています。

しかし、これは働き方改革の一端にしか過ぎないとぼくは思っています。

正直、1日6〜8時間×5日も時間のかかる重要な仕事ってそんなにないし、

そんな長時間集中力を保って、クオリティの高い仕事をすることは不可能でしょう。

だから、ぼくは6時〜10時の長くても4時間で1日にやるべきことをほぼ終わらせてしまいます。

また、ぼくにはいわゆる「仕事」という概念がありません。

自分の理想を叶えるために時間を使っているだけであって、決して「仕事」をしている感じは一切ありません。

どちらかというとRPGゲームをしているような感覚です。

ぼくは働き方改革のゴールは、このような働き方という概念の崩壊だと思うのです。

「仕事」の重要性は極端に減少し、どのように生きるのかという「生き方」が重視されるようになるのです。

自分がどんな生き方をしたいのか。

どんな人間でありたいのか。

ただそれだけを素直に追い求めればいいんです。

By