TENNIS LESSON

テニスコーチの集大成

>

 

これまでテニスコーチとしてジュニア世代(小学2年生~高校3年生)を中心に指導をしてきました。

また、その過程で掴んだテニスについての知識や情報をネット上で公開するという取り組みも行ってきました。

そして、この度それらの集大成としてプライベートレッスンを一般公開でスタートさせることに決めました。

 

あなたはこんなテニスの悩みを抱えていませんか?

・テニススクールに通っているものの思うように上達しない

・なかなか試合で実力を発揮できず結果が出ない

・コーチのアドバイス通り出来ているのかわからない

・本やネットの情報を取り入れても効果がイマイチ

・調子が上がらずスランプに陥っている

 

もし、あなたがこのような悩みを抱えているのであれば、ぜひこのまま読み進めて下さい。

ぼくの指導で必ず解決してみせます。

なぜそう言えるのか。

それは上達に必要な3原則に従った指導法を取り入れているからです。

 

レッスンで授ける上達に重要な3原則とは?

 理論的に正しいスイングを身につける

テニスで起こる現象は基本的に物理の法則に従っています。

つまり、理論的に正しいスイングによってボールを捉えることが出来れば、誰でも安定した力強いボールを最小限の力で打てるようになります。

難しそうな言葉が並びましたが簡単に言えば、当たり前のことを当たり前にやれば誰でも上達するのです。

例えば、頻繁にボールがアウトしてしまうのであればボールにより強い順回転を与えればいいのです。

ボールに順回転を与えるためには打点よりも下にテイクバックをして、打点よりも上にフォロスルーすればいいのです。

決して難しいことではありませんよね?

ただ多くの方が自分の課題に対して論理的な思考をすることが出来ていないだけなのです。

 

 テニスのセオリーを正しく理解する

テニスとはどのようなスポーツですか?

こう聞かれたときにはっきりと答えを出せる人はテニスコーチでも少ないでしょう。

テニスには「どうすれば負けにくく勝ちやすいのか」というセオリーがあります。

なぜならば必ず長方形のテニスコートの中に決まった高さのネットを越えて相手よりも1球多くボールを入れなくてはいけないというルールがあるからです。

このようなセオリーをきちんと理解しなければ、技術や戦術、サーフェス、天候、相手の能力、個性などを考えても意味がありません。

セオリーの理解はテニスの「土台」です。

土台がないのに上手くなることは不可能ですよね?

 

 正しい方向に努力する

ほとんどの人はテニスが上手くなるためには努力が必要です。

しかし、「いくら努力しても上手くならない!」とお悩みの方もいるでしょう。

そのような方はきっと頑張る方向を間違えています。

せっかく努力するなら、目標まで最短距離で辿りつける方向へ向かうべきです。

あなたにとって正しい方向はどちらなのかきちんと見定めることが大切です。

 

これまでの指導で出した実績

さて、これまで上記したような内容の指導によって出した実績を少しだけ。(恥ずかしいのであまり書きたくないのですが…。)

ぼくは大学生のころから慶應義塾湘南藤沢高等部男子テニス部とレニックステニススクールにて指導を行ってきました。

母校の指導ではヘッドコーチとして、学校史上初のインターハイ(高校総体)と全国選抜に出場するという結果を残すことが出来ました。

また、レニックステニススクールではジュニアチームのアシスタントとして上記リンクのような戦績を残す選手を間近でみることが出来ました。

もちろん、全国大会や世界大会に出場し結果を残すということが全てではありません。

目標達成に向けて努力する人と真摯に向き合うことを一番大切にしています。

 

ぼくのレッスンを受ければ必ずテニスが上手くなる!

ということはありません。(笑)

ただ、必ずあなたの目標や悩みに対して真摯に向き合います。

そして、最適解に導く努力を惜しみません。

もしぼくのレッスンを受ければ、あなたのテニスに対する意識は必ず変わります。

そして、自分で考えて上手くなる・勝てるようになる「思考力」が身に付きます。

ぜひ1度体験してみて下さい。

 

プライベートレッスンの詳細情報

料金:

レッスン費(3000円/h)+交通費(初回のみレッスン費半額

場所:

公営テニスコート

予約方法:

お問い合わせフォームにてご予約いただきます。内容は以下の通りご記入をお願い致します。内容確認後、日程調整をして返信いたします。(質問だけでもお気軽にどうぞ!)

1.年齢(年代でも構いません)

2.今抱えているテニスに関するお悩み

3.レッスンご希望の日時(第1~5希望まで出して頂けると幸いです)

4.レッスン希望場所(ご自身で公営テニスコートを予約して頂きます)

備考:

ボールの準備は各自でお願いいたします。

以前から指導をしていた方を優先して日時を決めるので、お早めにご連絡下さい。

 

プライベートレッスン
申し込み