記事一覧

テニスガーデンレニックスが民間テニスクラブをリードする

こんにちは、高田です。

はじめに、みなさまにご報告があります。

2021年2月から横浜市保土ヶ谷区にあるテニスガーデンレニックス(有限会社レニックス)の取締役社長に就任することになりました。(僕のプロフィールはこちら

中学生から生徒として通っていたテニスクラブの経営に参画できることをとても嬉しく思います。

今日は、これからテニス事業を再建・成長させるためにどのような考え方で経営に取り組んでいくのか、どのようなテニスクラブにしていきたいのかを書こうと思います。

少し長くなるかと思いますが、ぜひお付き合いください。

民間テニスクラブが抱えるさまざまな問題について

まずは民間テニスクラブについての一般的な見解について少し触れておきたいと思います。

近年、民間テニスクラブという事業形態は様々な理由で縮小や廃業を迫られています。

同じ神奈川県内でもここ数年でいくつものテニスクラブが廃業しています。

もう民間テニスクラブは「テニス好きお金持ち個人オーナー」の道楽としてしか成り立たない…

そのように言われることもあります。

確かに、成長産業ではありません。これまでに僕が経験してきたIT分野の事業と比較すると圧倒的に違います。

ただ、僕はその業界が拡大していようが縮小していようが、1店舗の業績には関係がないと考えています。

いくら「景気が悪い」って散々言われていても、多くの人の生活があまり変わらないのと同じです。

厳しい言い方をすれば、「テニスクラブは斜陽産業だから経営が苦しいんだ…」なんていうのは、ただの言い訳に過ぎないということです。

もちろん、現実的には厳しい側面も多々あります。

でも、その制約のなかで”やるべきこと”をやりきれば、必ずこれからの時代にマッチするテニスクラブのあり方が見えてくると僕は思うのです。

これからの民間テニスクラブにおける考え方

では、次にこれから”やるべきこと”とはどのようなことなのか、考えてみたいとおもいます。

大枠の考え方としては「テニスクラブが行う各事業の規模を最大化し、時代に合わせてそれぞれの事業をリバランシングしていくこと」という至極当たり前のことです。

現在、テニスガーデンレニックスでは、会員制テニスクラブ・テニススクール・レンタルテニスコート・イベント/大会・物販・フィットネスの事業に取り組んでいます。

まずは各事業の最大化を目指して、取り組んでいきます。

最近4年間でテニススクール事業については最大化が達成されたため、その他の事業についてテニスガーデンレニックスで達成可能な規模まで引き上げます。

そして、その後はそれぞれの事業の需要変化を見ながら、それぞれの事業の比重を調整していきます。

つまり、当たり前のことをしっかりやりきりるということです。

そうすることで20〜30年後に、また次の世代へとテニスクラブ文化を残していけると考えています。

どうやってそれぞれの事業を最大化するの?

事業のリバランシングってどうやってやるの?

このあたりの手段については触れるとキリがありませんし、こだわるべきところではないのでここでは触れません。

手段に囚われず、何を目指すのかにフォーカスを当てて取り組んでいきます。

テニスガーデンレニックスがこれからのテニスクラブの希望になる

僕は、テニスガーデンレニックスでテニスというスポーツを通じて、たくさんの本質的に大切なことを学びました。

そのおかげで今の自分があります。

だから、これから恩返しをしていきたい。

その一心で今新たなスタートを切ろうとしています。

テニスガーデンレニックスには、素晴らしいお客様がいます。

そして、何より素晴らしい仲間がいます。

こんなにも整った環境でチャレンジできるのは有難いことです。

きっと、テニスガーデンレニックスはすべてのテニスクラブのお手本になることができると確信しています。

テニスガーデンレニックスをご利用いただく皆様にとって、誇り高いテニスクラブになれるように、全力で取り組んでいきたいと思います。

まとめ

テニスクラブ内でこのお知らせをしてから、たくさんの方から「頑張ってね!」、「応援してるよ!」とお声掛けを頂きました。

とてもありがたいことです。

テニスガーデンレニックスがお客様・スタッフ・業界関係者にとってそれぞれの希望となれるように。

仲間と力を合わせて、精一杯やらせていただきます。

これからもよろしくお願いします。

【2021年】自分の可能性

「何者」かになる勇気はあるか?

関連記事

  1. 指導者とは与える者ではなく受けとる者である。

    2021.05.06
  2. 【2019年】プロ意識を持って生きる

    2019.01.06
  3. 【自分史上最短記録】足首の捻挫を早く治す方法

    2018.11.28
  4. テニスを通して子どもたちに伝えたいこと

    2018.08.21
  5. 「やる気でスタメンを決めます!」がマズい理由

    2020.01.03
  6. なぜ慶應大学を卒業したのに就職しないでテニスコーチをしているのか?

    2017.09.12

コメント

    • 矢島 信雄
    • 2021年 1月 19日

    高田衛様 矢島です
    いろいろ活躍してうらやましいですね。
    質問ですが、I&株式会社は何をする会社なのでしょうか?
    IT関連、HP作成、テニススクール、テニスクラブ経営と忙しくなるようですが。

    活躍を期待しております。

      • takadamamoru
      • 2021年 3月 15日

      矢島さん
      いつも読んでいただき、コメントまでいただきありがとうございます!なかなか気付かず、すみませんでした。I&がなにをするか、これから時間を見つけて書きたいと思っていますので、少々おまちください。最初のサービス発表は4月ごろになると思います。これからも色々とお話聞かせてください!よろしくおねがいします。

POSTS

PAGE TOP