Loading

BLOG

失敗。

こんにちは、高田です。

今日は、失敗について考えてみたいと思います。

僕は、基本的に失敗に対してくよくよするタイプではありません。

子どもの頃は、テニスの試合で負けたり、テストで思うような結果が出なかったりしたことを「失敗」と捉え、落ち込むこともありました。

ただ、いつの日から「失敗」というものの捉え方が変わり、今では「失敗」をしたいと思えるようなメンタリティになってきました。

この記事では、僕の「失敗」の捉え方がどのように変わったのか、なぜ失敗をしたいと思えるほど「失敗」に対するイメージが変わったのかを考えてみたいと思います。

成功よりも失敗がモチベーションになった日

先に断っておくと、「失敗」をしなくなったわけではありません。

細かな失敗(側から見れば細かいと思えないような失敗かもしれませんが…)を毎日のようにしています。

それは昔も今も変わりません。

ただ、その捉え方が変わっただけです。

昔は、失敗するのは恥ずかしいことだ、失敗したら周りにどう言われるかと、失敗イコール自分にとって悪だと思っていました。

そして、自分を責め、モチベーションが下がり、「結局、自分はこの程度なのか…」と落ち込むこともありました。

ただ、大学生になってからは、「失敗」に対する捉え方がガラッと変わりました。

この失敗をどのように生かそうか、失敗したことで新たな気づきを得られた、という失敗イコール自分の喜びに変わったのです。

だから、今となっては、はやく失敗をしたいと思うようになりました。

では、なぜこのように失敗を求めるようになったのでしょうか。

 失敗は自分をより高みへと連れていってくれる

「失敗」は、僕にとってポジティブな事実です。

なぜなら、失敗は自分が行動した証であり、その行動したことにこそ価値があるからです。

失敗も成功も起こらないという凪の状態こそ、最も良くない状態なのです。

また、「失敗」には必ず原因があります。だから、明確な「学び」を得ることができます。

「成功」は様々な要因が複雑に絡みあっており、それを因数分解するのはとても難しいものです。

「失敗」からは学ぶことがあるのに、「成功」からは学ぶことがあまりないのです。

このように、「失敗」できる自分というのは、僕にとって理想に近い状態なのです。

それは、常にチャレンジできている証拠ですし、成長を促してくれるのです。

まとめ

失敗や成功は、単に行動した結果であり、それ自体には何の価値もありません。

だから、それをどう捉えるかが最も大切だと思います。

決して、僕のような「失敗」の捉え方が絶対に良いというわけではありません。

ただ、そのおかげで自分を責めるようなこともなくなり、次へ進むことに時間や労力を使うことができるようになりました。

失敗をして、「なんて私はダメなんだ…」、「やっぱり成功できない!」、「自分はここまでの人間なんだ!」と自分を卑下する気持ちはとてもよくわかります。

でも、人はそうすることでせっかくの失敗を生かすことなく、それに満足して終わってしまうのです。

もし、あなたが「失敗」の捉え方を変えることができたなら、その失敗はもはや成功だといえるでしょう。

「失敗は成功のもと」ではなく「失敗は成功」なのです。

子どもの成長を決めるのは親でも先生でもなく〇〇だ!

仕事は最高のゲームだ!

関連記事

  1. 結局は人間力という今年最後のお話

    2017.12.28
  2. やりたいことがあるのになかなか一歩を踏み出せないときの対処法

    2019.01.09
  3. ロジックはファンタジーだ

    2021.05.08
  4. これまでの会社とこれからの会社

    2018.06.21
  5. 「何者」かになる勇気はあるか?

    2021.03.22
  6. 井の中の蛙にならないために

    2021.06.12

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

POSTS

PAGE TOP